めざせ!Happy☆Dog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴンちゃま

1月9日(土)


*画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog

ゴンは4年半前に虹の橋を渡ってしまったのに、実家に帰る度にゴンが待って
 いてくれるような気がする 2代目ゴン同様3代目ゴンもアニマルシェルター
 からやって来たので彼の本当の歳、生い立ちは分からない(実家で飼っていた
 ワンズの名前は全てゴン!)

 アニマルシェルターの担当者が事前に父と母に会いに来て、家などをチェック
 してからゴンが晴れて実家の子になった トライアル期間はなかったけど、
 数週間後に再び担当者がチェックに来た 私と妹が初めてゴンに会ったのは実家
 に来てから1ヶ月後 オドオドしているゴンに会って私も妹も思わず「この子
 可愛くない・・・」と言ってしまった 

 父と母に愛情を注がれ、可愛がられゴンの表情はどんどん明るくなり、まるで違う
 ワンコになっていった ゴンに会いに実家に帰り一緒に散歩したり遊んだりするの
 が楽しみだった 

 ゴンもガルル犬だった(今考えるとトップの方が激しいガルル犬のような気がする)
 やはり他の♂ワンコがダメだった すごい勢いで引っ張られ肩が外れそうになった
 こともあった ゴンも週1で6ヶ月ほどオビーディエンス・スクールに通った
 ハーネスではなくチェーンチョークだった(ゴンの使っていたチェーンチョークを
 トップも2年前まで使っていた)ゴンのリードは一般のリードより長めだった
 息が出来なくなる程グイグイ引っ張ることはなかったけど、ハーネスをしていたら
 もっとゆったりしたお散歩が楽しめたかもしれない

 「ワンコ尊重論」を知っていたら・・・でもゴンは両親に愛されHappyワンコだった
 父はいつもゴンに「Are you happy?」と聞いていた パピ男時代に自分のベットを
 破壊した以外、モノを壊したり、吠えまくったりしなかったゴン 本当に本当に良い
 子だった 両親とは切っても切れない信頼関係で結ばれていたと思う 

 ゴンはトップがHappyワンコになることを空の上から見守ってくれている
 ありがとう♪ゴンちゃま~ あなたは永遠のアイドルよ 
 
 
  
 
 
スポンサーサイト

| etc | 22:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。