めざせ!Happy☆Dog

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

だ~いしゅき♪

12月19日(土)~12月20日(日)  


12月19日  完全定休日
*画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog Happy☆Dog

トップと一緒に外を見ていたら・・・又可哀想な場面を見てしまった
 時々禁止されているのにノーリードで散歩をしているグレーハウンド(だと思う)を
 見かける トップとは反対側の小さなワンコの広場の方を歩いているので、トップと
 一緒の時出会うことはほとんどない 実はこのグレーハウンドは道路を渡るまでオン
 リードだった この子も目的地突進型ワンコのようでもの凄い勢いで引っ張っている 
 飼い主はワンコが引っ張る度に前足が上がってしまい人間のように2本足で歩くほど
 リードを引いてた クンクンしようとするとガツッと引っ張る

 これほど激しく引っ張ることはなかったけど、私達もトップに同じようなことをして
 いたんですぅ チェーンチョークで首の周りの毛が短くなっていたもんね ホントに
 ごめんね~と思わず言ったら、顔を舐めてくれた 優しい子じゃ・・・


去年お友達から一冊のを頂きました 大好きな本です 読む度にウルッとなって
 しまうのですが・・・「大好きだよ」って思っているだけじゃなくて、言葉で伝え
 なくては・・・ 以前よりトップとお話することが多くなりました 夜寝る前にも
 必ずお話します(たいていトップは寝ているけど)「今日もありがと~ だ~い
 しゅき Are you happy?」って・・・モフモフ・フガフガするので迷惑がられ
 ていますが、たまに嬉しいくしゃみをしてくれます 




12月20日
Happy☆Dog Happy☆Dog

日が明ける前から(只今日の出は8時40分)サンクルー公園へ行ってきました
 HD初期化を始めた頃に比べ、オヤツ(ご褒美)の量がグ~ンと減って来た 前回
 サンクルー公園に来た時はオヤツを持って来るのを忘れてしまったけど、オヤツ
 なしのチュチュでもしっかり反応してくれるようになりました
 
 離れた所で子供達が公園の坂でソリで遊んでいたのがちょっと怖かったのか、
 今にも吠えそうな状態になってしまい慌ててオヤツを雪にバラ撒いて興味の対象
 をオヤツへ 始めは雪の上にバラ撒くだけ、そのあと雪の中に埋めて宝探し
 ごっこ 楽しそうに雪とオヤツを食べて、子供のことは忘れてしまいました

 帰り道、橋でノーリードのワンコがこちらに向かってやってきた トップは気が
 付いていなかったようで、ゆっくり回れ右してワンコの姿が見えない所まで
 戻り、そこ子が通り過ぎるのを待ちました 凍っている橋の上でノーリードの
 ワンコvsオンリードのトップがガルル大会しなくて良かった・・・




| Topの1日 | 22:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

可哀想なワンコ

12月18日(金)



                   *画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog Happy☆Dog
雪が降ると厄介なのは翌日歩道がスケートリンクになってしまうこと 雪かきを
してくれないし 家の前は塩が撒かれているけど・・・かなり滑るんですよ
こんな時3mのロングリードは便利です 朝のシー散は誰もいなかったのでロング
リード全開でした いつもよりゆっくり歩きの私にトップも協力的でした

午前中降っていた雪も止み、薄日の射して来たサンクルー公園へお散歩
公園までの道のり、昨日ほどテンション高でセカセカ歩きではありませんでした

Happy☆Dog Happy☆Dog
沢山のワンコが公園に遊びに来ていました ガルルして平和を乱すワンコはいません
途中からちょっとごっついワンコ(▲画像右)が仲間に加わりました 実は私はこの系
のワンコが苦手です でも見かけだけで判断してはいけませんね とても穏やかな
良い子で片手を上げてトップにカーミングシグナル出していました

Happy☆Dog Happy☆Dog
長い間6匹で遊んでいました。ごっついワンコの飼い主が帰るのでワンコを呼び
戻そうとしたのですが、遊びモードに入ったワンコは戻って来る気配なし
そこで飼い主はワンコの方へやって来ました(▲画像右) 呼ばれても遊び続けて
いるワンコ 飼い主は手にチェーンチョークを持っていました 無理矢理捕ま
えられ伏せをさせられお尻を叩かれてしまいました 何故このワンコが飼い主の
元へ戻りたくなかったのかを一瞬にして見てしまった感じでした その後超短い
リードで引きずられるようにして帰って行きました
この子が悩めるワンコにならないことを祈るばかりです
  
Happy☆Dog Happy☆Dog
何となく後味悪くお遊びがお開きになってしまいました トップはすでに私達の
側に戻って来ていましたが、他の4ワンズと少し道を共にしました 彼等は森の
方へ上がって行く道へ向かい、トップも付いて行きそうになったけどチュチュ
戻って来てくれました 偉かったね~ トップ


夜のシー散は滑らないように注意しながら回避やスプリッテン出来る自信がなかった
ので殿が付いて来てくれました 殿が角から出て来るワンコがいないか確かめてくれ
たり、上手にスプリッテンしてくれたので問題なくシー散出来ました


  

| Topの1日 | 21:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

可愛いレナちゃん♪

12月17日(木)


                   *画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog Happy☆Dog


朝のシー散へ行っている時降り出した雪が数時間でかなり積もった
 午前中雪のサンクルー公園へ行った 雪の影響で凄い渋滞+橋を渡っている人も
 多かったし、雪が嬉しいのかトップはいつもよりセカセカ歩きしていた

 大きなバトンを見つけてしばらく遊んでいたが、いつもよりテンションが高かった
 わりにはあっさりバトンを捨てて散歩を続けた(最近バトンに執着している時間が
 短くなった)

 お散歩の後半に可愛いポメラニアンのレナちゃんに会った 遠くでお互いの存在に
 気がついてから挨拶するまで2人とも見事なワンコマナーを披露してくれた
 (観察するのに必死で動画も写真も撮れず・・・残念)
 挨拶が終って反対方向へ歩いて行ったレナちゃんに再び会った レナちゃんが私達
 の側に来たので目をパチパチしたらレナちゃんもつぶらなお目目をパチパチして
 くれた! 知らないワンちゃんと言葉が通じた?のは初めて・・・
 トップは前を行くレナちゃんと飼い主さんに付いて行ってしまった 匂いを嗅ぎ
 合うでもなく追いかけっこするでもなく楽しそうに歩いていた2人 
 レナちゃん達の方が歩くのが速くてトップと私達の距離が開いてしまったけど、
 レナちゃんが公園から出てしまったらこちらへ戻って来てくれた

 レナちゃん本当に可愛かった 飼い主さんとは挨拶しただけでお話出来なかった
 けど・・・又会えるといいな~



 

| Topの1日 | 22:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

消えた!

12月16日(水)


                   *画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog Happy☆Dog

引き続きクンクンに忙しいシー散 どんな情報が残されているのか知りたくなる
 昨日のようにドアをガジガジして外へ連れてって攻撃はなくなった
 
 午後私が出掛ける時、殿とトップが一緒に出かけサンクルー公園の入り口の所で
 お別れ 「来ないの?」と不思議そうに振り返ってくれたトップが可愛かった
 
 いつものように公園の広場の方をぐるっと一周したらしいのだが、途中で
 トップがいなくなってしまって殿はかなり慌てた模様 ククク・・・
 公園で人に道を聞かれ答えているうちにトップがどんどん先に行ってしい、
 一度呼んで戻って来て安心?していたら・・・事件が・・・気がついたら又
 トップが消えた! (どんどん下の広場の方へ下りて行ってしまったらしい)
 そこでじっとトップが帰って来るのを待つか、トップが進んだ方向へ歩いて
 行けば良かったのだが・・・殿は反対方向へトップを探しに行ってしまった
 お互い行き違いになってしまったらしい ワンコと散歩中のおばさんが殿が
 トップを見失った場所近辺にトップらしきワンコがウロウロしていたと教え
 てくれたて約1時間後に劇的再会 殿の「おいで~♪」よりワンコちゃん
 の良い香りの方が魅力的だったんでしょう ここ数日の激しいクンクンは
 もしかしたらヒート中の女の子のせいなのかも

 
 

| Topの1日 | 21:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワンワンタイムズ パリ版

12月15日(火)


                   *画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog Happy☆Dog


ノルマンディーの家の近所で飼われているワンズはお庭に出されているだけで
 散歩しているところを見かけない トップがクンクンしてシーメールを送って
 いる相手は多分ワンコ以外のアニマルだと思う

 パリに帰って来るとワンコ同士のメールの交換でクンクンフガフガしまくって
 なかなか先に進めない 都会の方が情報量が多いんだ クンクンに没頭してい
 るので周りの障害物もあまり気にならない様子 長いシー散(距離は短い)から
 帰って来て少し経ったらドアをガリガリ お腹が悪いわけではないはずなのに
 でも念のため外へ連れて行った あれだけクンクンしていたのにクンクンし足
 りなかったみたい 満足したら自分からアパートの方に向かった


久々の歯磨きガムinコング (多分偶然だと思うけど食事の後コングを私の足元 
 まで持って来た こつを覚えたのか短時間で歯磨きガムゲット出来るようになった
 食べた後は嬉しいクネクネダンスと嬉しいくしゃみを繰り返していた
 満足したらさっさと寝てしまった・・・そんなトップを見て嬉しくなったよ~

| Topの1日 | 21:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トップの矛盾 その2

12月14日(月)


                   *画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog Happy☆Dog

昨日ディエップでロングお散歩したのと寒いので完全定休日
 気温が上がらずトップのウンP広場の放牧場は一日中霜で真っ白
 庭で用をたしてくれるかな?と試みたが(シーはしてもウンPはしない)、門の所で
 シー散に行くのを待っていた 寒くてもシー散にご一緒しなければならない


又々トップの音に対する矛盾を発見!
 暖炉の薪が「パン!」と凄い音をさせて弾けることがたまにある かなり大きな
 音でビックリしてしまう(人間)が、トップはこの音が聞こえないかのように、顔も
 上げずに寝ている 私的には銃声も薪の音も同じ感じがするけどトップは人工と
 自然の音の区別が出来、自然の音は怖くないのかもしれない 





| Topの1日 | 22:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平和なお散歩♪

12月13日(日)


*画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog


昨日に引き続き、家の前後の森で激しく猟りが行われていた 午後になり
 銃声が一段と激しくなってきて、家で恐怖の時間を過ごすのは可哀想なので
 ディエップへ行った(ここでは銃声が聞こえない) 海岸に近づくと嬉しくて
 「目的地突進型」になったが前をセカセカ歩いてもリードがピーンと張って
 しまうと一瞬立ち止まってこちらを振り返り、セカセカ歩きを再開
 (チュチュで呼ばなくても自動的に振り返ってくれるようになった) 

 丁度干潮時だったので広々とした海岸に着いたら暴走スイッチON 側で見て
 いる私達に飛びつかんばかりだったが、こちらに突進してくる度に背中を向け
 るようにしていたら飛びつき突進は治まった

 森ではバトン、海岸では石ころに狂ってしまうが、1~2回石ころを銜えて遊ん
 だだけで終了 前に比べるとバトンや石ころへの執着が薄らいできた気がする
 

海岸から港の方を通って(オンリード)ゆっくり散歩した
 人とワンコが出会うことが何回かあったが、一度もガルルすることもなく良い子
 だった(相手に吠えられたことはあったけどお返しガルルもしなかった)
 銃声も聞こえなかったしガルルフリーの平和なお散歩だった
 

| Topの1日 | 23:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安心出来る場所

12月12日(土)


*画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog


ここ2日長いお散歩が続いたのでお休みにしたのだが・・・
 「週末+快晴=猟り」計算に入れていなかった トップにとって生きた
 心地のしなかった1日になってしまった 

 シー散に行っている時微かな銃声が聞こえてもダッシュで家に入って来て
 しまい、思うように用が足せなくて可哀想 お風呂場で半日過ごすことに
 なってしまった 無理にお風呂場から出そうとしても絶対出てこないから
 トップが出て来たくなるまで待つようにしている(その間お風呂場の所で
 話しかけたりした)

 やっと出て来てソファーに座っていた殿の隣に座る(自分専用と思っている
 この赤いソファーは先客がいると上ってこないことが多い)殿に「怖くなく
 なったかい?」とか話しかけられナデナデしてもらっているうちにリラックス
 してきたようで、その間銃声が聞こえても一目散に逃げることはなかった
 もっと撫でてくれ~と催促するように後ろ足を広げてお腹も見せてくれた
 日が暮れるまでちょっとの音にビクビクしていたけど、殿の側は安全と思って
 いるようだった 

 真っ暗になってからシー散へ行った 今日一日分のシー散を取り返すかのよう
 に長いこと放牧場でクンクンしたり、心置きなくウンPすることが出来た 

| Topの1日 | 21:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おいで~♪の練習

12月11日(金)


*画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog
森のない平地のサイクリングコースでお散歩をしました
(ノルマンディーには元鉄道跡をサイクリングコースにした所が3カ所あります)


昨日行った所と違いここは車道と交差している所が沢山あります
サイクリングコース使用者の為のストップサインと柵が設置されていますが、
ワンコには全く関係のない物です

このストップサインのお陰で「おいで~♪」の練習が出来るんですよ!
ストップサインの手前までトップは自由行動 50m位前でチュチュで呼び戻し
(↓画像左)それからストップサインまで一緒に歩いてもらいます 右左確認して
向こう側へ渡り切ったらGo~♪で自由行動再開(↓画像右) 
Happy☆Dog Happy☆Dog


途中でワンコとすれ違っても問題なく挨拶出来るし、サイクリングコース周辺に
住むワンコ達に吠えられても、応えることも無くマイペースです クンクンに
忙しくバトンには興味がありませんでした ビックリ
Happy☆Dog Happy☆Dog


4キロ地点(ストップサイン5個通過)で休憩タイム、お水を飲んでオヤツを食べて
「今来た道を戻ろう!」とした時・・・聞こえてきましたっ 銃声の音が・・・
立て続けに何発も聞こえて来たのでシッポIN、腰も低くなってしまいました
怖くて逃げたいけど、何処へ逃げていいのか分からない感じです
よく花火大会などで怖くて脱走して迷子になってしまうワンコがいますが、
トップは怖くても一応私達の側に居てくれるので安心です
Happy☆Dog Happy☆Dog


抜き足差し足で怖々前進中 
遠くに行き過ぎたのでチュチュしたら戻って来てくれました
怖いよ~


ご褒美のオヤツもやっと食べてくれるようになり、少し落ち着いて来た様子
相変わらずシッポINでしたが、少し安心した表情になってきました
恐怖が和らぐように話しかけながら(トップ的には怖くて大丈夫ではないので
「大丈夫だよ~」は禁句)歩いていたら・・・
Happy☆Dog Happy☆Dog


銃声も治まり、だんだんいつものトップに戻ってクンクン始め、最後2つの
ストップサインでは普通に「おいで~♪」の練習が出来ました
チュチュが聞こえると嬉しそうに戻って来てくれました
Happy☆Dog Happy☆Dog


駐車場の隣の家に住んでいるワンコと金網越しにご挨拶
さっき怯えていたワンコとは思えない程ちぎれそうにシッポを振っていましたよ
白ワンが見事なカーミングシグナルを見せてくれました 実はこの奥にもう1匹
黒い大きなワンコがガンガン吠えていたのです トップはこの子達に吠えること
はありませんでした この白ワン「黒ワンが吠えているけど心配しないでいいよ」
って言っていたのかもしれません・・・
Happy☆Dog

車に乗った時は怖かったことなんて忘れていたトップでした

| Topの1日 | 22:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おばさんの言い訳

12月10日(木)


                   *画像はクリックするとちょっと大きくなります
Happy☆Dog Happy☆Dog


森に行くと泥だらけになってしまうし、猟りシーズン中に安心してお散歩出来る
 (一応森の入り口に猟りしてますと看板が出るが怖い)場所はサイクリングロード
 私達も快適に歩けるし、トップは舗装していない端っこを歩いている

 森の中へ行きたかったようだが、私達が付いて行かなかったので素直に戻って来た
 バトンを見つけてしばらく遊んでいたが以前のようにお散歩中ずっとバトンに狂う
 こともなくなり、途中でバトンを捨てて来るようになった 

 向かい側から大きなジャーマンシェパードを連れたおばさんがやって来た 私達に
 気がついたおばさんは慌ててオンリードにしてしまった トップを呼び戻しゆっく
 り歩いて様子を見る おばさんにギューッと引っ張られて(リードが超短い)無理矢理
 付けの状態ですれ違うことになった おばさんは「うちのワンコは他のワンコが
 苦手でアタックしちゃうのよ」と言い訳がましいことを言いながら過ぎて行った
 トップも無反応だったし、ジャーマンシェパードも落ち着いていたのに・・・
 必要以上に引っ張っていたおばさん 毎回ワンコとすれ違う時に引っ張られていたら
 他のワンコが苦手になってアタックするワンコになるの当たり前だな~と思った
 安全な場所だからノーリードにしてあげればいいのに・・・
 遠くから私達にオンリードにして下さいって言われなかっただけ良かったかも






 

 


| Topの1日 | 22:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。